瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS 河口放浪記(お盆編+新ポイントの光明)

<<   作成日時 : 2010/08/17 14:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お盆休みも終わりって言えば、秋へのカウントダウンって
イメージはもう古いのか?今日の広島は場所によっては
今年の最高気温になりそうです。

ワシ個人的には今年の流行語大賞は

「熱中症」

に決定ですが…皆さんお元気ですか?


8月12日

待望の雨が降ったので、ワクワクしながら千田合流点に!

ゆーすけやおうじろうも誘ったが用事が有る様で…
一人で爆釣なんて申しわけ無いが仕方ないの〜ムフフ。

久々にハイテンションでポイントに向かうも…

結論から言うと

画像
















9g+アマジャコレッドに35cmクラスがヒットしただけで、
後はアタリも無い完敗…

正確に言うともう一回アタリは有ったし、ファイトもしたが
思い出したくも無いのぢゃ!

写真のヒットルアーも持って行かれたのぢゃ!

もう絶対に!デッドスローでなんか引くもんか〜!

翌日起きると微妙に右腕に違和感が…?

どうやら昨晩のイルカとのバトルで、名誉の負傷を負った様だ。

こう言った時に限って携帯が鳴り、釣りの誘いが来る(笑)

ワシも好きモノなんでOKする(苦笑)

電話の主はおうじろう氏。

せっかくだから、前からのプランを可能な限り実行だ!と

野池でギルから始まり、黒瀬でバス〜瀬野川中流でナマズ
〜瀬野川河口でチヌで締めると言う、オッサンには限界の
ハードツアーに挑むも…詳しくは彼のブログに譲るとして、
ワシの出した結論は、やはりヤツは…(以下自粛)

連日のアレで、右手の状態が悪化したのは内緒だ(涙)


冗談はさておき!

瀬野川河口エリアは、干潟のダメージも少なく、カニ等も多く
見えたので、今シーズンも期待できるポイントなのは間違い
なさそうですから、潮のタイミングを見て釣行すればイイと思い
ますよ。


ポイントと言えば!

昨日、買い物中に天満川を通ったら(天満小学校上流の橋)
結構な数のチヌの群れが居るじゃありませんか!

大きさはバラバラで、昨年放水路で目撃した物ほどゴージャス
では有りませんが、大きい個体は40cm位有りそう。

見える限り、全部で2,30匹位は居そうです、ド干潮の時間帯
なので、この辺に居付いている群れの様。

強くチヌを釣りの対象としてから、単体はともかくこのエリアで
チヌの群れを発見したのは初めての体験。

広島湾内の水のコンディションが今一つな事、下流部の干潟の
ダメージが大きい場所も有り、エサを求めている内にここまで
上がって来たのでは?

このすぐ下流に、天満川でも有数の大きな干潟も有るので、
夜の捕食行動パターンは…正解に至る選択肢はかなり
少ない状況。右腕は万全とはいえないが、やはりこんな状況
を見逃すワケにはいかない。

「フフフ、貰ったな」

ならば釣るまで、と夜に出撃しましたが残念ながら小型のバイト
のみで終了。しかし、今週末の夕マヅメに潮の動く時間帯が
大変楽しみになってきたのでヨシとしておきましょう。

皆さんも普段釣っているエリアの上流部で、良好な干潟が有れば
チョッと干潮時にチヌが居ないかチェックして見てはいかがですか?

おそらくこの傾向は天満川だけでなく、各河川も同様の可能性が
高いので、意外な場所でチヌの群れが発見出来るかもしれません。

こんな感じの場所に?
(1)普段釣っている場所の上流(水のコンディションが良い)
シーバスなら問題無く釣れそう見えるが、チヌは?ってエリア。
(2)生物豊富な干潟(カニが多い)
(3)岩ガキがかなり少なく、海の気配が無くなり始めるエリア。

大きく見れば、市内では鯉城通り〜国道2号線の流域をイメージ
すれば分かりやすいと思います。

今後も調査続行し、当ブログで報告しますので、皆さんも是非
近くの河川を調べて頂きたいと思います。

胤森直義

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河口放浪記(お盆編+新ポイントの光明) 瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる