瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS 速報 岩国丸鯵死合第一次衝撃

<<   作成日時 : 2011/10/03 16:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

岩国丸鯵死合一次衝撃=ファーストインパクトとお読みください(笑)

今朝、相棒&岩国諜報員Tの3人で岩国のマルアジに挑みました。

結果はマルアジはバイト&チェイスのみ、諜報員Tに50クラスのマゴチ
がヒットしました。

画像















携帯画像でゴメンなさい。

マゴチ50cm ヒットルアーTSJ18g


悔しいので、Liveグリーンワーム(俗名アオゴカイ)を購入、藤生〜通津
をランガンし、お土産(シロギス)をキープして(苦笑)さっき帰還しました。
※ちなみにシロギスは中々悪くない(15〜18cm位を2ケタ)その他、ハゼ
、仔鯛、仔チヌ、仔イサキ、フグ、ギザミと6目達成?※オールリリース
お土産は十分確保出来ました。※エサ使用に抵抗が無い方限定。これ
だけキスが居れば、フラット系狙いもオモシロいかもしれませんね。

結果は芳しく無かったのですが、ワシの見てきた範囲で、ベイトの状況、
マルアジの状況をお知らせしたいと思います。

全体的な状況
岸際=キャストの射程範囲に寄っている個体がまだ少ない、その上、サイ
ズもまだ小さい(30〜35クラス)模様。目立ったボイルはほぼ無いので、
ブラインドの釣りに終始する事になった。

参考データ
使用ルアーTSJ18g

使用法=潮目等のアクセントに向かってキャスト〜カーブフォール、途中で
ラインにイワシが当たったらリトリーブ開始、当たらない場合はボトム着底
後リトリーブ、をベースに、3投に1投ペースで、表層早めリトリーブを交えて
実戦。風が無ければ、もう少し表層の変化→イワシの群れの挙動等に対応
したアプローチも出来たのだが…

イワシも少ないながら各所で見られたが、浮いている時間は短く、サイズ
も小さい=ニボシクラス。コレは岩国に限らず、各所で同様の傾向が見ら
れた。ただ、浮いている個体より、中層〜ボトムのチョイ上に居ると思われ
る個体の数の方が多そう=ラインに当たるベイトの感触等から推測。

イワシの絶対数が少ないせいか、お食事タイムが長めの模様。完全に陽
が上がった7:00頃でも、チェイス&バイトが有った。岸寄りをベイトが泳い
だ時に、ベイトのキワや群れの中を通す事で、バイトやチェイスが有った。

その他の状況として、ボトムまでカバーしているせいか、マゴチと思われる
アタリやヒットが多い(コレ自体がイワシが入っている証明)のが良い材料。
諜報員Tも、3回の釣行で、40cm、50cmを1本ずつキャッチしている。
※コレも有ったのでボトムまで視野に入れた展開をしていましたが、マルア
ジタイムが終わった後、チョッと専門的に狙うのもイイかも。

藤生〜通津の港やサーフでキスが活発!ルアーロッドに、ハリ1本の粗末な
リグのチョイ投げで、ポツポツ釣れるので面白かったです♪今月中旬頃から
落ちのパターン=サイズのアップ&釣果アップも有望!

今後の展望
朝イチの潮周りや強風=イワシの群れが沈み気味になった、事を考慮に入
れても、良い状況とは言えないのが現状。ただし、数日前から連日通ってい
るTによると、

「徐々にイワシの数や、マルアジの数は増えつつあるので、何かの拍子で
爆発しても全く不思議は無いですね」


との事。また、各所で水温の開きが大きく、場所ごとに夏〜初秋の状況が混
在しているのも、予測を難しくしている要素なので、低いなら低いなりに落ち
ついて、安定して欲しい所。

以上の状況から、マルアジ単体の狙いは玉砕覚悟で(笑)ただし,ハマれば
の期待は無いわけでもない。おススメとしては、マルアジを狙った後、ボトム
のソフトベイトゲームでマゴチをチェック、その後移動してキスやアオリ、カマス
狙いをする。もしくは、夜にアジやアオリを狙った後、マルアジが追加できれば
ラッキー程度で寄ってみる等、複合プランで挑むのが、現状ではベターではな
いかと思います。


済みません、寝てないんで今日はこの辺で終わらせて貰います。キスはテン
プラで今夜頂く予定でーす。

胤森直義

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
速報 岩国丸鯵死合第一次衝撃 瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる