瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS 河口放浪記(早春編2012U)

<<   作成日時 : 2012/04/05 13:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3日は全国的に大荒れの天候、さすがのワシも待機を余儀無くされまし
たが、昨日は夕方に放水路へ出撃!

爆弾低気圧の余波が残り、予想以上に風が強かったので釣り難かった
ですが、日没直前になんとかワンバイト有って、コイツをキャッチ出来ま
した。その後、8時前まで強風の中頑張りましたが、反応はこの1回のみ
…(残念っ!)

まだ早いのか?ワシが見つけられない=ヘタクソなのか?はたまた爆
弾低気圧による底荒れの影響なのか?

画像














チヌラバ9g(ブラック)+ベイトブレス ティアドロップ#117

中々キレイで、コンディション良好なキビレ40cmでした♪
この魚自体は十分満足&納得の1本なんですが。


前回と同様に、群が居る気配は無く、活性の高い単独個体の前を、ルア
ーがタイミング良く遭遇しただけで、パターンはコレだ!な〜んてテクニカ
ルな話は無し…って言うか、出来ません!ってのが正直な話です。

天候が落ち着つき、潮回りの良くなる今後に期待して頑張りたいと思って
ますが、果たしてどうなる事やら…。

当然、他の場所を偵察するって言う選択肢も大アリなんですが、次は爆発
するんでは…?と思ってしまうんですよね〜。

こうなると意地というか、呪縛というか、放水路で結果を出さんと気が済ま
ないし…(ジレンマ)


嗚呼!

胤森直義

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河口放浪記(早春編2012U) 瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる