瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS 河口放浪記(連休編+α)

<<   作成日時 : 2013/07/17 14:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大いなる野望(大げさ…苦笑)を持って臨んだ3連休の天満攻略でした
が…ハッキリ言って惨敗でした(泣)

主に狙ったのは、昭和大橋の上流に有る導水管の橋周辺、舟入病院
下流に有る干潟に隣接するミオ筋を6:00〜日没にかけて襲撃してみ
たのですが、釣れるのはチビばかり…(稚セイゴや稚マゴッティーを含む)
&イイサイズはバラシ連荘と言うお約束?の負の連鎖(泣×2)

こんな風に書くと、獲れ無かっただけで狙いはハズしていなかった様に
見えますが、仮に獲れていたとしても、自分の目指したゲームとは程遠
い内容になってしまいました。

確認の為狙いを書くと、干潮に向けて、下って来たチヌの群れをミオ筋
周辺や橋桁周辺で待ち伏せし、一網打尽!って作戦だったのですが
※ザックリし過ぎでスミマセンm(__)m(今に始まった事じゃないからイイで
しょ?…苦笑)群れと呼べる規模の魚を見つける事は出来ませんでした。

最近の結果にとらわれて、釣り場の状況の変化や、魚の変化に対応しき
れなかった未熟のもたらした結果で、反省ばかりが残ってしまう連休でした。

で!大きな視点で天満を考察して選んだ昨日のポイントは、2号線直下の
橋桁周辺※この場所は川岸は立ち入り禁止エリアになっています。入れる
のは最干潮時だけなので注意して下さい。

チョイスの理由は
@上、下流に1級の干潟=エサ場が存在する。
A周辺では比較的干潮時にも水深が有る。
Bココから上流にかけて、居着きの個体が多く観察できる。

まあこんな感じです♪注意点としては、満潮時に腹いっぱい食って休んで
いる個体と、暗くなるにつれて食欲全開の個体が混在する点。

前者のチヌが反応した時は、触るだけ=結果的にショートバイトなんて事
が有ったりしますが、ココで「低活性?」等とネガティブに考えず、あくまで
後者の高活性個体に的を絞らないと、効率が落ちたり=リトリーブスピード
を落としてしまう、稚セイゴや稚マゴッティー稚チヌラッシュ=トレーラーサ
イズを落とすなんて悪循環が始まってしまします。

潮が引くのが思ったより遅くて、ポイントに入れたのは19:00位からに
なりましたが!速攻でひっとした30チョイを皮切りにヒットが続きました!

画像














37,8cm位ですが、メッチャ引きました♪
チヌラバ9gブラウン+HYPチュレール1.3


画像















40アップ!かなり近くで喰ったので
ファイトがスリリングでした♪
チヌラバ9gブラウン+HYPチュレール1,3


画像















40アップ追加〜♪
チヌラバ9gブラウン+HYPチュレール1,3


画像














見ての通り最高のコンディション!
最高のファイトをしてくれるのも
うなずけます^^


ってな感じで、8:30までやって合計6本をキャッチ出来ました。

まあ今回は作戦がズバリハマった!までは行かないにせよ、まあまあ
ウマくいったかな?と言う事で締めさせて頂きたいと思います。

胤森直義

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河口放浪記(連休編+α) 瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる