瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS メガアジ探して西へ・・・・(死闘?編)

<<   作成日時 : 2009/11/05 16:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

皆さんこんにちは胤森です。

前回予告した通り11/2(月)に岩国港に行ってきました。
メガアジボイルもピークを過ぎて釣果は寂しくなる一方ですが、
何としてもスカッと一本デカイのをキャッチしたい!
この一念で西へ向かいます。

バス釣り時代からかれこれ20年の付き合いの愛弟子を釣れての釣行。
こいつとは釣り仲間の中でも一番古株で、色々書きたいエピソードも
たくさん有るのだが、放送禁止用語を連発した揚句、弟子夫婦の
幸せな結婚生活に亀裂を入れかねないのでやめておく(笑)

画像
















ピーク時の賑わいは何処へ?ポイントはほぼ貸し切り状態です。
魚は少ないけど、あっちこっちボイルに合わせて動き回れる分
有利だ?とポジティブに考えて臨みます・・・・・

情報によると、ただボイルを待つだけでは効率が落ちるので、
イワシの群れの濃い場所にキャスト、気持ちカウントダウンして
リトリーブ等の工夫も必要な様です。

というわけで2〜3mのレンジを探りつつ、ボイルが有ればそこへ
キャスト、という感じでやってると、いきなりルアーがひったくられ
今まで経験した事のない(と言っても経験値は低いけど)引きが!

「この引きはアジ・・・!」

過去の経験から女体・・・いや魚体見たさに急いで寄せて
足下でサヨナラ・・・・のケースがほとんどなんで、テンションを
保ったままゆっくり寄せてきます。

「デカイぞー!」

ついに40アップキャッチか?どうやらフックも2本掛かっているみたい。

「勝ったな」

「ああ」

(わかる人にはわかるフレーズ・・・笑)

ついに胤森もメガアジ殲滅!ハンターの称号を手に入れるのか?

「タネさん!ネット用意しましょうか?」

「いやこれなら抜けるっしょ」

嗚呼!なんで俺はあの時見栄を張ったんだ・・・・バカバカバカ。

そうですせっかく掛けたメガアジは空中でフックオフ、
ほんとスローモーションの様に魚は海に帰っていく。

「あーあ!この状況じゃ貴重な一匹ですよー」

そうみたいね・・・・・・・(涙)

しかし!魚は居る&口を使う事がわかったんでキャストを続ける。
悔んでいる時間は無いのだ(悔むけど・・・)

しかしその後ロッドが曲がるたびに上がってくるのは・・・・

画像
















イワシ君ゴメンね・・・・・それにしても見事に口掛かり。

違和感を感じて、イワシのスレ掛かりだな?
と思ってルアーをピックアップしていると・・・・・

ピックアップ中に別のアタリが有ったんですが、
案の定しっぽの上に噛まれた後が。


その後もこんなんや

画像
















こんなんやつが釣れ続く・・・・

画像
















カウントダウンするとたちまちこいつらのお出ましだ。

「負けだな」

「ああ」

メガアジ狙い終了のホイッスルが頭の中で響く。

「次の大潮あたりからタチ狙いで来て下さいよ!」

岩国の仲間に慰められる。

そうだな、切り替えなきゃ。

去年も短いですがタチの入れ食いが有ったそうなので、
ここ何年かタチが釣れなかった欲求不満を晴らしてやる!と誓う。

※ちなみに現在は夜明け直前に1〜2匹釣れれば上出来。
釣れれば型は良いみたいです。

広島を中心にショアからのSWを楽しんでいる皆さんの大部分も、
ここ数年は胤森と同様にタチに関しては余りイイ思いをしていない
方が多いとのでは?と思いますんで、なるべくリアルタイムに近い形で
岩国、タチウオ情報をお知らせしたいと考えています。
場所を含めなるべく詳細に、お伝えしますんで楽しみにお待ち下さい。


         胤森直義




岩国メガアジ関連まとめ読み!
PART@
PARTA
PARTB本編
PARTC





















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メガアジ探して西へ・・・・(死闘?編) 瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる