瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS 週末釣り日記+α

<<   作成日時 : 2010/05/10 18:28   >>

トラックバック 0 / コメント 2

(はじめに)
先日GW中の釣果写真を速報と言う形でアップ致しましたが、
実はその後もまずまずの釣果が続いていまして(地球滅亡の前触れ?)
速報性を大事にしたいという点、パターン的にもほぼ一緒だったという点、
この2点を考慮し、今回の内容と織り交ぜて紹介して行きたいと思いますので、
ご了承のうえお読みください。

五月五日

前日の釣果に気を良くして、再びゆーすけ+彼女の3人で夕方に釣行も、
残念ながらショートバイトの散発に終わる。

潮回りが悪い方に向かっている事に加えて、流れにメリハリが無かったのが
原因のようだ…が今のところの見解。

しかしワシ個人の見解はチト違って、実は真のデヴィ………(以下自粛)

そして今週末の五月八日

潮回りは最悪に近いが、夕マズメ&好天による水温上昇を味方に何とか
ならん物かと、天満下流(昭和大橋周辺)をチェックする。

17:30現着

まずは上流側を歩いてみる、すると!

ポツポツだが、シャローの石積みまで上がって餌を取ってているチヌを発見!
1匹だけと思ったが、結構な数が見える。しかも40前後のイイ型だ。

見える数が最盛期には及ばないのは当然だが、やはり水温の上昇が川に活気を
もたらしているのは間違いないようだ。俄然やる気になったぞ!

※ちなみに、見えチヌにアタックしたのは言うまでも無い(笑)
 そして討ち死にしたのもこれまた言うまでも無い(涙)

見えチヌに弄ばれた後、本格的に釣り開始。

チヌラバ9gにプロダクトグラブをセット、広く探るもバイト無し。

まあ狙いはサンセットタイム、慌てる必要無いでしょ!と余裕しゃくしゃく。
なぜ余裕が有るのか?それは不明だが…

釣り場を大橋下流に移し、干潟のエッジとミオ筋の接点を丁寧に
探るも…無反応、コレはやや計算外(汗)

その後、エヴァ水門近辺や、工事現場近辺を探るも物の見事に
スカ、スカ、スカの連続、バイトさえ無い有様。

直前に元気の出る光景を見たから、悔しさはなおさらのことだが、
コレも釣り&リアルな現実。

要は、まだまだ修行不足ってことですな。

帰りのペダルの重い事、重い事。



で翌日しばし考える、日曜の夕方は「天満リベンジ」か?

それとも、「安全パイの放水路」か?

色々悩んだ末、結局放水路に向かう。

安全パイ等とエラそうにホザイテいるが、釣れる保証はナッシング(当然)

17:45現着

川を見ると、昨日の天満と比べ、はるかマシな潮目が見える。
ウン、これなら何とかなるかな…?(弱気)と釣り始める。

画像
















リグはチヌラバ9g+プロダクトワーム改

前回も活躍したが、ここで注目して貰いたいのは重さ。
今日の潮回り、水深(2m弱)を考えれば6gでもイイんじゃない?
と、思う方もいらっしゃるでしょうが(確かに基本的には正解)
実は、前回の釣行時は6gと9gで明らかに差が出ました。

では、その心は?

ズバリ、リグのアピール度の問題。

9gの重量(ボトム部への接地面積)が巻きあげる砂煙の大きさ、ボトムに当たった
際の音、リグ全体のシルエットがアピール面で大きな差となって釣果に現れる事が
有るんで、憶えておくとかならずイイことが有りますよ!
※これ(使い分け)については改めて書きたいと思います。

しばしキャストを続けるも音沙汰無し…

潮は上げてきているが、上流からの流れに押されて何だか元気が無い、
いつもの放水路と違い、悠々と流れる大河って風情、困ったもんだ(嘆)

惰性と絶望に包まれて(大げさだ)キャストはするが心は殆ど折れかけ。

今日も寂しく帰宅して、飯食って、風呂入って、屁こいて寝るしかないのか?

そして陽は西に傾き、春の夕暮れは駆け足で過ぎて行く。

「止めようか」と思いつつも、「次は釣れるんじゃ?」と未練投げを続ける。

いつの間にか下げに入ったのか?流れが強くなっているもう少し我慢、我慢。

我慢する者は報われる?そして!ついに!待ちに待ったバイトが、

思ったより引かないからチビちゃんかな?と思ったが→この状況を思えば、
何でも釣れれば有りがたいのは言うまでもなし。

アッサリと上がってきた1本目がこれだ!

画像
















38cm位のグッドサイズのキビレ

ルアー=チヌラバ9g+プロダクトグラブ改アボガド
小石に当たった所でポーズ、巻き始めにバイト。

画像


















引きは普通だったけど、見て下さいこのパンパンの腹。

写真を撮って次のキャストで何とまたヒット!
コレはチョッと小さい35cm位

コレは群れか?と思って写真を撮らず即キャスト、釣れたライン近辺を
丁寧に探る、石に当たった所でポーズ、と同時にバイトの感触が!
何と3投連続でバイトってホンマかいな?

上がってきたのは。

画像
















1匹目の兄弟君?コイツは良く引いた37cm。

続いてキャストするも、後が続かない。

潮がユルい中でもメリハリの出来た一瞬、魚の活性が上がったのか?
シャローに回遊して来たのか?

3匹か、取りあえずまあまあかな?
(タネモリはイイ気になっている…ドラクエ風)

このままイイ感じで終わって、週明けの大潮を待つか?なんて事も
も思ったが、出した答えは続行!さてどうなる事やら?

そして1時間…ウンともスンとも言わず、後悔の念に襲われ始めたその時、
待ちに待ったバイトがやってくる、それにしてもよー引く!

画像
















野生の風貌溢れるクロダイ40アップ!

画像
















こいつもゴージャス&パンパン、パーフェクトボディの持ち主でした!

さあ、これでイイ感じで終われるな、と思う程悟りの領域には達して
無いんで(笑)群れモード(どんなモードじゃ?)に期待して、
当然ゲームを続行する(BGMは止せばいいのに…昭和演歌)

しかし、ウマく行く日はこんなもの、放水路に住む釣りの神様の答えは!

画像
















画像

















超グラマラスな美女(未確認)キビレ40アップが登場!

ウンウン、余は満足したぞ(タネモリは益々イイ気になっている…ドラクエ風)

6バイトで5キャッチは優秀なキャッチ率、チヌラバの性能全開でしたね。

腹も空いたし、時期を思えば出来過ぎの釣果だし、今日はこれで
終わりとしておきましょう。

ちょっと(イヤ、かなりだ)釣果自慢的な内容になりましたが(笑)
特に今回(一連の釣行を含む)でキモになったと思われるのが、
チヌラバのサイズと、リグを引くスピード。

コレを含めて書くと超長文になるんで、これらについては改めて書く事で。

それにしても、ちょっと納得の行かない内容のゲームが多かったけど、
やっとこれで周囲の開幕ムードに追いつけたかな?って感じかな。

心に余裕が出来たから(笑)これでボウズ覚悟の調査釣行も出来るって
もんです(小市民モード全開)

さて、なんやかんや長くなってしまいましたね。

今回ここまで、って事で。最後までお付き合いありがとうございました。


胤森直義




画像

    好評発売中! 
   「クロダイ新入門」
                        
    入れ喰いネットでは、
    皆さんの投稿を募集中です!




チヌラバのお求め、お問い合わせは!
携帯はコチラ
PCはコチラ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度さんです♪
ええ感じに釣れましたね〜

ワタクシは・・・まぁ、いつも通りの貧果でした(笑)

明日は広島市内に買い付けに行きます・・・
ベルサイユのボラ
2010/05/10 22:02
ベルサイユのボラさん
早く連絡を頂ければコーヒーでも飲みながら釣り
談義でも出来たのに(残念)

今度は連絡下さいね!
胤森直義
2010/05/11 14:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
週末釣り日記+α 瀬戸内爆釣隊 シーズン1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる